家電製品は夢を見るのか?TOP > 家電製品 > 家電で手紙を書くということ

家電で手紙を書くということについて

 
携帯やインターネットが普及してからは、手紙を書くことがずいぶん減ってしまいました。私は、基本的に書くことが好きなので、以前はよく手紙を書いていました。ちょっとしたお礼や、感謝の手紙、暑中見舞い、お祝いの手紙などです。





自分が手紙をもらうのが好きですし、手紙だとあとで読み返すことができます。メールでもできますが、なんだかデータとして残っている気がして、ちょっと味気なく思ってしまうのです。また、手紙はメールよりも時間がかかります。つまり、それだけ相手の事を考える時間が長くなるということでもあります。だから、メールよりも、相手との絆が強くなるような気がします。

電気製品を使ってうまく楽に書けたらいいと思うのですが、
現況は万年筆を使っていますのでなかなかうまくいきません。



今でも、過去にもらった手紙を読み返して、力をもらったり、手紙をくれた相手との思い出を振り返ってみたりすることがあります。写真とは違う思い出の残り方ですが、手紙というのはある意味アルバムのようなものです。
 

家電製品記事一覧